Now Loading ...

原爆パネル展『-その想いはツルにのって-サダコと折り鶴』開催中

広島の平和記念公園にある「原爆の子の像」のモデルで、2歳で被爆し10年後に白血病で亡くなった佐々木禎子さんの一生を通して、平和の大切さを伝えます。

 

【佐々木 禎子 さん】

昭和18年(1943)1月広島に生まれる。昭和20年(1945)8月6日、広島に投下された原子爆弾によって、爆心地から1.7㎞離れた自宅で被爆。爆風で吹き飛ばされたが、やけどやけがはなかった。

小学6年生の時に首や耳の後ろにしこりが出来、顔がおたふく風邪のように腫れあがる。その後白血病と診断され、昭和30年(1955)2月広島赤十字病院に入院。中学校に進学したものの一度も通学出来ないまま、同年10月25日、家族に見守られながら12歳でその生涯を閉じる。

 

■期間

令和3年(2021年)7月1日(木)~8月15日(日)

※会期中無休

 

■時間

開館時間に準じる

 

■会場

筑前町立大刀洗平和記念館 新館・多目的室

※都合により一時的にご覧いただけない場合がございます。
あらかじめご了承ください。

 

■チラシはこちら

 


【関連イベント】

 

『佐々木雅弘氏講演会』を開催致します。(原爆パネル展「―その想いはツルにのってーサダコと折り鶴」関連イベント)

※都合により変更や中止となる場合がございます。

※たくさんのお申込みありがとうございました。参加定員に達しましたのでお申込みを締め切りとさせていただきます。

 

■詳しくはこちらへ