トップページ

わが故郷を同心円に、多くの尊い命を偲んで、豊穣の筑紫平野に、大刀洗平和記念館が生まれる。

おでかけ情報 大刀洗平和記念館では様々な企画を催しております。

【第7回大刀洗飛行場戦跡フィールドワークを行います】
[平成26年(2014年) 7月26日(土)]

戦争の傷跡に触れ、平和の大切さを感じ取ってもらうために、第7回大刀洗飛行場戦跡フィールドワークを以下の通り開催します。皆様のご参加お待ちしております。

■日時
平成26年(2014)7月26日(土) 9:30〜12:30 ※雨天決行

■集合場所
筑前町立大刀洗平和記念館(入口受付付近)
■参加定員
40名 ※先着順・定員になり次第締切
■参加費
大人400円 高校生300円 小中学生200円 小学生未満無料
※記念館入館料含む ※参加者全員に記念品贈呈
■見学場所(予定)
大刀洗平和記念館、憲兵隊跡、飛行第四聯隊営門跡、衛兵所跡・時計台跡・監的壕・飛行隊井戸、大刀洗公園(菊池武光像)、頓田の森、その他
※当日の天候等の都合によりコースが変更になる場合がございます
※バス移動です
■お申込方法
電話 0946-23-1227
FAX 0946-23-9009
メール tachiarai-heiwa@jewel.ocn.ne.jp
※参加者氏名、年齢(小中高生の場合は学年)、住所、お電話番号をご記入の上お申し込みください。
■お問い合わせ
筑前町立大刀洗平和記念館

【企画展「特攻さくら弾機で逝った男達―破られた遺書を追って―」開催中】 [平成26年(2014年) 4月1日(火)〜平成26年(2014年)7月31日(木)]

昭和20(1945)年5月25日早朝、多くの見送り人が日の丸の小旗を振る中、大刀洗飛行場から沖縄に向かって、4機の特攻機が飛び立ちました。そのうちの2機は、3トンもの特殊爆弾を操縦席の真後ろに搭載した「さくら弾機」と呼ばれるものでした。この機に乗っていた通信士、山下正辰伍長は、午前9時24分に「ヤシタヤシタヤシタ(我突入ス)」の打電を最後に敵艦船に突入、散華しましたが、戦果は確認されていません。この日出撃したさくら弾機搭乗員8名が、沖縄の海に散っていきました。本展では、彼らが最期の時間を過ごした大刀洗飛行場の姿と、当時特攻隊員とかかわりのあった人々、そして遺族の戦後について、弟・山下昭氏の視点からご紹介します。


陸軍飛行第六十二戦隊の特攻隊員たち


左が山下正辰伍長(さくら弾機福島機搭乗員の4人)

■企画展関連イベント
5月25日のさくら弾機出撃の日に合わせて山下昭氏の講演会を行います。
■日時
平成26年(2014)5月25日(日)

第1回 午前11時/第2回 午後2時(各60分)

■場所
筑前町立大刀洗平和記念館1階「語りの部屋」(100席)
■参加方法

参加無料・予約不要(※入館者が対象)

※この日の定例朗読講演は中止させて頂きます。ご了承くださいませ。



■本展のチラシはこちらへ  

【facebookを始めました】
 [平成24年(2012年) 7月5日(木)]

当館公式Facebookを始めました。当館の最新の情報を公開していきますので、ぜひご覧ください。

■facebook公式ページはこちらへ



トピックス 大刀洗平和記念館からのお知らせです。

平成26年(2014年) 4月1日 企画展「特攻・さくら弾機で逝った男達」開催中。
平成26年(2014年) 4月1日 消費税増税にともない、一部グッズの価格を改定しています。
平成25年(2013年) 12月1日 入館者が60万人を超えました。
平成23年(2011年) 4月1日 売店グッズを通信販売で購入できるようになりました。

記念館の基本情報

展示内容のご案内

大刀洗飛行場の年表

大正8年から昭和20年までの大刀洗飛行場を中心とした航空史がご覧いただけます。 西日本における陸軍の航空拠点だった大刀洗飛行場をご紹介します

大刀洗飛行場の年表について詳しくはこちら

売店グッズのご案内

当館で取り扱っております飛行機模型やストラップ、書籍などをご紹介しております。通信販売も可能です。

売店グッズについて詳しくはこちら

戦跡マップ

当館周辺には大刀洗飛行場の戦跡が点在しています。飛行隊営門、時計台や監的壕などをわかりやすいように大刀洗の地図にしました。

戦跡マップについて詳しくはこちら

団体様ガイドの受付

当館では団体様の事前予約受付を行っております。館内説明等も行っておりますので事前予約をおすすめします。

団体様ガイドの受付について詳しくはこちら