Now Loading ...

企画展『第3回戦時下のくらし展―銃後の生活展』

※開催期間が7月30日(月)まで延長になりました。

 

多くの男性が戦地へと出征するなか、残された女性や子どもたちは、前線を支えながら懸命に日々を生き抜きました。

 

日本はかつて戦況とともに大きく変化する国民生活を経験しました。昭和12年(1937)の日中戦争を契機に、戦時体制が敷かれることとなり、国民生活はあらゆる面で統制されたものとなりました。

多くの男性が戦地へと出征するなかで、残された女性や子どもたちの活動が国民生活の基盤となり、苦しい状況下に置かれながら懸命に日々を生き抜きました。

本展では、前線を支えて生きる銃後の暮らしについて、女性と子どもの視点を中心に紹介します。