Now Loading ...

新型コロナウイルス感染症予防対策について

大刀洗平和記念館では、新型コロナウイルス感染症予防対策として下記の取り組みを行っています。


【館内】

・受付、応接室、事務室には飛沫感染防止のための透明ビニールシートを設置しています。

・入館者用アルコール消毒液を入口に設置を行っています。

・館内のこまめな清掃、階段手すり、トイレドア等の清拭消毒を行っています。

・当館の展示室は、常時換気がなされている構造となっており、さらに一部空気清浄機を設置しております。

・一部サービスの停止を行っています。(フィールドワーク、タッチパネル、モニター、朗読、図書コーナーなど)

【スタッフ】

〇全員…毎朝の検温、マスクの着用を行っています。

※本人や同居家族が発熱した等、感染が疑われる場合は自宅待機の対応を行っています。

〇受付…手袋着用又は接客ごとにアルコールによる手指の消毒を行っています。

金銭等の受渡しは、トレーを用いて行っています。

〇解説員…フェイスシールドの着用を行っています。

【お客様へのお願い】

・マスクの着用をお願いします。(着用をなされていない方は入館をお断りしています)

・入館前にアルコール消毒液にて手指の消毒をお願いします。

・一定の距離を保っての見学をお願いします。

・資料、展示物、壁等に触れないようお願いします。

・体調のすぐれない方は入館をご遠慮ください。

(ご希望の方には非接触型体温計で検温を行っております。検温システムを近日導入予定)

・なるべく会話を控え、大声での会話はご遠慮ください。

【その他】

・団体のお客様には、多目的室において解説等を行っています。

・多目的室は通常200名の定員ですが、ソーシャルディスタンスを保ったイスの配置を行い、上限100名での対応を行っています。2班に分かれてのご案内になることもございます。

・一般朗読については、現在中止しております。今後の開催は状況により判断させていただきます。修学旅行等の朗読は別途ご相談ください。

・フィールドワークについては、年内は中止とさせていただきます。

・多目的室を1団体が退室された後には、イスや手すり等の清拭消毒を行っています。

・団体のお客様は、来館が近くなりましたら、必ず打ち合わせをお願いいたします。


※2020年7月 1日現在の対応です。

今後、国や町の対策本部の方針に基づき、変更される場合がありますのでご了承ください。

■ダウンロード(PDF)