Now Loading ...

企画展『紙上に咲く花~海軍従軍画家・轟義雄』開催中[平成29年(2017年)4月5日(水)~7月20日(木)]

「鹿屋から出撃する特攻隊員に 生花の代わりに花の絵を贈った」と生前語った轟義雄。紙に描かれた花を胸に飛び立った彼らに何を想ったのか。

轟義雄は、大正元年(1912)8月25日に福岡の八幡市(現・北九州市八幡東区)に生まれました。昭和7年(1932)、佐世保海兵団にて機関兵となります。轟が他者と一線を画したのは、独学で磨いた絵の巧さ。28歳の時には中南支方面へ海軍従軍画家として派遣されます。

昭和19年(1944)1月、「第二鹿屋航空隊」設立準備のため鹿屋基地へ駐在。その後海軍人事部に派遣され、報道班絵画要員として鹿屋に滞在していたとみられます。

また、画家として「禧玖嗣朗」の名を用いています。この頃の作品以降、禧の落款やサインが多く見受けられます。

昭和20年(1945)までの作品750点の中から、轟の履歴をたどりながら選んだ絵を中心に展示します。(会期中作品の入れ替えを行います)

≪関連展示≫

「戦争記録画の重鎮 中村研一」

「戦後の創作 雲仙・光西寺」

 

■期間

平成29年(2017年)4月5日(水)~7月20日(木)

※会期中無休

■時間

開館時間に準じる

■会場

平和記念館内2階「企画展示コーナー」

 

■本展のチラシはこちらへ